自営業が銀行から借入する際は口座が必要?

MENU

個人事業主の銀行借入と口座について

個人事業主の銀行借入と口座について

自営業を営んでいる方は銀行のビジネスローンを利用して事業資金を借入する場合、当然事業資金を振り込みしてもらうための口座が必要になります。

 

そもそも、自営業を開始する前に事業専用の口座を開設しているとは思いますが、これから自営業をスタートさせるという方は先に口座を開設しておいたほうが良いでしょう。

 

口座を事前に解説しておくことで、銀行のビジネスローンの借入審査をスムーズに進めることができます。

 

以下、自営業が銀行のビジネスローンから借入する際の口座についてよくある質問をまとめてみましたので、参考にしてください。

その銀行の口座を開設しなければならない?

銀行のビジネスローンで借入する場合、基本的には他の銀行の口座でも問題ありません。

 

ただし、ビジネスローンによっては当行の口座開設を推奨しているケースもあります。

 

これは、当行の銀行口座を開設することにより、振込手数料などの負担を軽減できることがあるためです。

 

したがって、銀行のビジネスローンからの借入を考えている自営業の方は、借入審査を受ける前に銀行に相談すると良いでしょう。

インターネット銀行の口座でもOK?

最近ではインターネット銀行を利用するユーザーも増えてきているようですが、銀行のビジネスローンによってはインターネット銀行の口座ではビジネスローンを利用できない場合があります。

 

まずは、自営業向けのビジネスローンを販売している各銀行のホームページでご確認ください。

 

なお、最近ではほとんどの銀行がインターネット振込、および返済に対応しており、インターネット銀行とさほど変わらない利便性を実現しているようです。

 

ちなみに、当サイト「自営業が借入に困ったら!急ぎで借りれるビジネスローン」で紹介しているビジネスローンであれば、インターネット銀行の口座を借入に使用することができます。

口座の残高とビジネスローン審査に関係はある?

銀行のビジネスローンの借入審査に申し込みする前に、口座残高を確認しておいたほうが良いかもしれません。

 

借入審査の条件に口座残高を設定している銀行のビジネスローンはほとんどありませんが、口座残高がないということは銀行側に「返済能力がないのでは?」良くないイメージをもたらしてしまい、借入審査で落とされてしまう可能性があります。

 

特にこれから自営業を始めようとしている方の場合、ある程度の口座残高は借入審査に申し込みする前に用意しておいたほうが、銀行から良いイメージを持ってもらえるでしょう。


関連ページ

自営業が銀行からお金を借りるメリット
自営業者が銀行のビジネスローンで借入するメリットとして、低金利や借入限度額が大きいことなどが挙げられます。
個人事業主がインターネット銀行から借入
自営業者向けの銀行のビジネスローンは、インターネットからの借入にも対応しています。インターネットだけでビジネスローンすべての手続きが可能です。
自営業が銀行からの借入を成功させる方法
自営業が銀行からの借入を成功させるためには、担保および保証人を用意しておく、綿密な事業計画書を作成することが絶対条件となります。
個人事業での銀行借入と会社登録
自営業の方が銀行のビジネスローンから事業資金を借入するためには、審査を受ける前に会社登録を済ませておかなければなりません。