自営業が銀行から借入するメリットとは?

MENU

自営業が銀行からお金を借りるメリット

自営業が銀行からお金を借りるメリット

自営業を営んでいる方は、審査に合格すれば銀行から事業資金を借入することができます。

 

銀行のビジネスローンの借入審査は非常に厳しいとされているため、初めてビジネスローンで借入する自営業者や500万円程度の事業資金を借入したいという自営業者には金融業者が販売しているビジネスローンが圧倒的におすすめですが、銀行が販売しているビジネスローンでの借入にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

以下で分かりやすくまとめていますので、ビジネスローンを利用して事業資金の借入を計画している自営業者はぜひチェックしてください。

銀行のビジネスローンは低金利

銀行のビジネスローンを利用して借入する最も大きなメリットは、やはり低金利で借入できるということでしょう。

 

金利が低いということは、返済時に発生する利息金額を安く抑えることが出来るということを意味しています。

 

自営業だけに限ったことではありませんが、返済時の利息金額が経営を圧迫するひとつの要因となるリスクがあるため、低金利で利用できる銀行のビジネスローンは、自営業を営んでいる方にとって非常にメリットが大きいのではないでしょうか。

銀行のビジネスローンは借入限度額が大きい

銀行のビジネスローンは借入限度額が大きい

銀行が自営業者に販売しているビジネスローンのメリットとして、借入限度額が大きいということが挙げられます。

 

金融業者が販売しているビジネスローンは、一般的に借入限度額を500万円から1000万円程度に設定しているため、それ以上の事業資金を借入したい自営業者には向いていないと言えるかもしれません。

 

一方、銀行のビジネスローンは数千万円規模の借入にも対応していますので、大きなビジネスチャンスを掴みたい自営業者には向いているといえるでしょう。

 

ただし、銀行のビジネスローンは審査が非常に厳しいため、500万円から1000万円程度の借入を希望する自営業者には金融業者のビジネスローンをおすすめします。

銀行のビジネスローンは安全に借入できる

銀行のビジネスローンを利用して借入するメリットのひとつが、安全性が高いということです。

 

金融業者のビジネスローンと違い、銀行のビジネスローンは巨額の資産をバックにしているため、安全性が非常に高いと言えます。

 

ただ、最近の金融業者の資本は強くなっていますので、それほど大きなメリットとは言えないかもしれません。

 

自営業者がビジネスローンで借入する場合、金利と借入限度額をしっかり吟味することが重要です。


関連ページ

個人事業主がインターネット銀行から借入
自営業者向けの銀行のビジネスローンは、インターネットからの借入にも対応しています。インターネットだけでビジネスローンすべての手続きが可能です。
自営業が銀行からの借入を成功させる方法
自営業が銀行からの借入を成功させるためには、担保および保証人を用意しておく、綿密な事業計画書を作成することが絶対条件となります。
個人事業主の銀行借入と口座
銀行が自営業向けに販売しているビジネスローンから借入する場合、借入金を振込してもらうための講座が必要になります。
個人事業での銀行借入と会社登録
自営業の方が銀行のビジネスローンから事業資金を借入するためには、審査を受ける前に会社登録を済ませておかなければなりません。