自営業の借入審査は甘いのか?真相をチェック!

MENU

個人事業の借入審査は甘い?

個人事業の借入審査は甘い?

自営業を対象としたビジネスローンの借入審査は甘いと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ビジネスローンは比較的利用しやすいローンですが、借入審査が甘いということはありません。

 

借入審査条件を満たしていなければ、当然審査の段階で落とされてしまいます。

 

「自営業なら誰でも借入できる」と思っている自営業の方がいらっしゃるならば、その考えは改めたほうが良いでしょう。

 

以下でビジネスローンの借入審査を通過するために必要な条件を説明したいと思いますので、ビジネスローンの審査は甘いとお考えの自営業の方は、以下を今一度確認していただければと思います。

 

借入審査申し込み時の年齢

ビジネスローンの借入審査に申し込みする際には、年齢制限をクリアしていなければなりません。

 

自営業を営んでいる方の場合、年齢制限については特に問題がないかもしれませんが、念のためビジネスローンのホームページで年齢制限をチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

ちなみに、ほとんどのビジネスローンは借入審査申し込み時の年齢制限を満20歳から満69歳までとしています。

 

年齢確認につきましては、ビジネスローンの借入審査時に年齢を確認できる身分証明書を提出することとなっていますので、正しい年齢で申告しましょう。

 

年齢確認の確認が甘いということは決してありません。

借入審査時に必要な書類

借入審査時に必要な書類

ビジネスローンの借入審査時には、いくつか書類を準備しておかなければなりません。

 

自営業を営んでいる場合、上記でもあげました本人を確認できる身分証明書が必要です。

 

また、ほとんどのビジネスローンは自営業として得ている収入を借入審査時に確認していますので、収入を証明できるような書類も準備しておく必要があります。

 

収入を証明できる書類についてはビジネスローンによって異なりますが、基本的には2年分の確定申告書や収支計画書、資金計画書などを提出することとなっています。

 

なお、ビジネスローンによっては今後の事業計画書の提出を求めているところもありますので、自営業を営んでいる方は事前に事業計画書を作成しておいたほうが良いかもしれません。

 

事業計画書のチェックも甘いということはないため、しっかりした事業計画書を提出しましょう。

自営業としての事業年数

ビジネスローンによっては、自営業としての事業年数も借入審査条件に含めているものもあります。

 

自営業として2年以上継続していることを借入審査条件としているところもありますので、各ビジネスローンのホームページにてご確認ください。


関連ページ

個人事業主が即日借入するには
自営業者がビジネスローンで即日借入するためには早め借入審査に申し込む、借入審査に必要な書類を揃えておくなどが必要です。
自営業可の借り換えの借入審査
自営業を対象としているビジネスローンを借り換えに利用することもできます。借り換えする場合も通常通り借入審査を受けなければなりません。
自営業の借入の審査を比べる
自営業者がビジネスローンの借入審査に申込みする場合、借入審査時間や申込み方法などを比較しておくことも大切です。
個人事業の返済能力と借入審査
自営業の方がビジネスローンの借入審査に通るためには、十分な返済能力を有していることが求められます。