自営業が利用できる借入審査を比較してみました

MENU

自営業の借入の審査を比べる

ビジネスローンを借り換えに利用するデメリット

自営業者がビジネスローンを利用するためには、各ビジネスローン業者が行っている借入審査を通過しなければなりません。

 

借入審査を通過するおおまかな条件は各ビジネスローンで大きな違いはないのですが、細かく見ていくと借入審査の条件に違いが見られますので、各ビジネスローンの借入審査を比較することも大切です。

 

では、自営業者がビジネスローンの借入審査を比較する際にはどのような点を比較すれば良いのでしょうか。

 

以下で具体例を交えながら説明していきたいと思いますので、チェックしてください。

ビジネスローンの借入審査時間を比較

ビジネスローンの借入審査時間を比較

ビジネスローンのの借入審査を比較する際には、審査申し込みから結果連絡までどれくらいの時間を必要とするのか調べておいたほうが良いでしょう。

 

多くのビジネスローンは審査時間を翌営業日までとしていますが、中には最短即日中に借入審査結果を連絡してくれるビジネスローンもあります。

 

特に急ぎで事業資金を用意しなければならない自営業の場合、やはり最短即日で借入審査結果を連絡してくれるビジネスローンのほうが有利にお使いいただけるのではないでしょうか。

 

ただし、必ず即日中に借入審査結果を連絡してくれるというわけではありませんので、なるべく早めに審査に申し込みすることが大切です。

借入審査の申し込み方法を比較

 

自営業を対象としたビジネスローンの借入審査は、基本的にインターネット、電話からの申し込みに対応しています。

 

最近ではパソコンはもちろん、スマートフォンからの借入審査申し込みに対応しているビジネスローンがほとんどとなっていますので、インターネットからの審査申込みに対応しているかどうか比較しておくと良いでしょう。

 

なお、インターネットに接続できる端末からであれば、365日24時間いつでもビジネスローンの借入審査に申込むことができます。

借入審査の年齢条件を比較

借入審査の年齢条件を比較

ビジネスローンの借入審査には、年齢条件が設定されています。

 

自営業を行っている方の場合、年齢条件については問題ないと思いますが、念のため確認しておくと良いでしょう。

 

ちなみに、満20歳以上でなければ、どのビジネスローンの借入審査にも申し込みすることができません。

借入審査の必要書類を比較

ビジネスローンの借入審査に申込む際には、いくつか書類を準備しておかなければなりません。

 

本人確認証明書についてはどのビジネスローンも共通しているのですが、収入証明書については各ビジネスローンによって異なりますので、事前に比較しておきましょう。

 

なお、ほとんどのビジネスローンは事業計画書や収益を確認できる書類の提出を求めています。


関連ページ

個人事業主が即日借入するには
自営業者がビジネスローンで即日借入するためには早め借入審査に申し込む、借入審査に必要な書類を揃えておくなどが必要です。
個人事業の借入審査は甘い?
自営業を対象としたビジネスローンの借入審査は甘いとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、借入審査が甘いということは決してありません。
自営業可の借り換えの借入審査
自営業を対象としているビジネスローンを借り換えに利用することもできます。借り換えする場合も通常通り借入審査を受けなければなりません。
個人事業の返済能力と借入審査
自営業の方がビジネスローンの借入審査に通るためには、十分な返済能力を有していることが求められます。