自営業が融資で借入する方法をやさしく解説します

MENU

自営業が融資で借入するには

自営業が融資で借入するには

自営業が融資で借入するには、ビジネスローンを利用する方法が最も効率が良いといえるでしょう。

 

銀行から融資してもらったり、カードローンやクレジットカードを利用して借入するという方法もあります。

 

しかしながら、自営業を営んでいる方が銀行から融資してもらうためには、基本的に土地や建物などの不動産や保証人を用意しなければなりません。

 

また、カードローンやクレジットカードの場合、自営業の事業資金としては使用できない場合もあります。

 

一方、自営業の融資借入に対応しているビジネスローンであれば、土地や建物などの不動産、および保証人を用意する必要はありませんし、事業資金としてであれば基本的にどんな用途にでも使用することが可能です。

 

また、自営業がビジネスローンを融資借入に利用することには以下のようなメリットがありますので、しっかりおさえておきましょう。

 

すぐに融資借入を利用することができる

すぐに融資借入を利用することができる

自営業がビジネスローンを利用して融資借入するメリットは、やはりすぐに融資借入できるということではないでしょうか。

 

銀行の融資借入を利用する場合、審査が完了するまでに日にちがかかってしまいます。

 

また、ビジネスローンと比べると審査が厳しく、安定した収益が出ている自営業者であっても借入審査を通過できるとは限りません。

 

その点、自営業の融資借入を対象としているビジネスローンなら、早いビジネスローンは審査に申し込みしたその日のうちに融資借入を利用することができますので、大切なビジネスチャンスを逃したり、従業員への給与支払が滞るようなリスクを回避することができるでしょう。

契約までの手続きが簡単

自営業を対象に販売されているビジネスローンの大きなメリットのひとつとして、契約までの手続きが簡単ということがあげられます。

 

基本的にはすべての手続きをネット上で完了させることができますので、煩わしい作業が発生しません。

ビジネスローンでの融資借入は総量規制対象外

自営業がビジネスローンを融資借入に利用するメリットには、総量規制の対象外ということも挙げられます。

 

総量規制とは、年収の3分の1までの金額しか融資借入できない制度のことです。

 

カードローンやクレジットカードは総量規制の対象となっているため、自営業を営んでいるとしてもたくさんのお金を借りることはできません。

 

一方、総量規制対象外のビジネスローンであれば年収の3分の1以上の金額でも融資借入することができますので、ビジネスチャンスも無限大となるでしょう


自営業が融資で借入 コンテンツ

個人事業主として自営業を営んでいる方の場合、大企業ほどまとまった資金を必要とするケースはそう多くありません。多くの個人事業主は数百万円程度の融資借入で十分とされていますが、それに対応しているのがビジネスローンです。ここでは個人事業主として自営業を営んでいる方が身につけておきたい基礎知識をお伝えしたいと思いますので、融資借入を検討している方は参考にしていただければと思います。個人事業主がビジネスロー...

自営業を営んでいると、借入融資を利用しなければならないケースが発生します。もちろん、すべての自営業者が借入融資を必要とするとは限りませんが、万が一の時に備えておいたほうが良いでしょう。自営業が借入融資を利用する場合、基本的にはローンを活用することとなります。では、自営業が借入融資に利用できるローンにはどのような種類があるのでしょうか?以下でそれぞれのローンの特徴を説明していきますので、参考にしてく...

自営業を営んでいる方が借入融資を利用する場合、基本的にはビジネスローンを利用すべきでしょう。もちろん、場合によっては銀行が販売している自営業向けのローンを融資借入に利用するという方法もありますが、ビジネスローンのほうが融通性が高く、自営業者にとっては心強い味方となってくれます。ただ、ビジネスローンは借入融資に利用しやすいものの、すべての自営業者がビジネスローンの審査をクリアできるというわけではあり...

これから自営業として起業しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近では起業する人が少なくなってきていると言われていますが、起業すればご自身の考えを反映させた会社を作り上げることができますし、何より将来への夢が膨らみ、より充実した人生を過ごすことができるでしょう。ただ、自営業として起業するにあたっては、開業資金が必要となります。貯金で貯めていた資金だけでは起業できない可能性が高いた...