自営業を営む個人事業主が融資・借入する魅力とは?

MENU

個人事業主が融資で借入するには

個人事業主が融資で借入するには

個人事業主として自営業を営んでいる方の場合、大企業ほどまとまった資金を必要とするケースはそう多くありません。

 

多くの個人事業主は数百万円程度の融資借入で十分とされていますが、それに対応しているのがビジネスローンです。

 

ここでは個人事業主として自営業を営んでいる方が身につけておきたい基礎知識をお伝えしたいと思いますので、融資借入を検討している方は参考にしていただければと思います。

 

個人事業主がビジネスローンで融資借入するメリット

個人事業主がビジネスローンを利用するメリットは、何といっても最短即日で借入融資できるということではないでしょうか。

 

たとえば「明日までに従業員の給与を支払わなければならないけど、その資金がない」、「明日が返済日だけど十分な資金がなく、遅延損害金まで支払わなければならなくなる」、「明日までに契約しなければ大きなビジネスチャンスを逃してしまう」といったケースが、個人事業主として自営業を営んでいると必ず出てくると思います。

 

ビジネスローンは基本的に即日借入融資に対応していますので、上記のようなケースに遭遇したときでも安心です。

 

また、ビジネスローンの審査時間は非常に短く、中には審査の申し込みから借入融資まで即日でできるビジネスローンもあります。

 

つまり、ビジネスローンは個人事業主として自営業を営んでいる方の強いパートナーになるのです。

個人事業主が借入融資前に揃えておくべき書類

個人事業主が借入融資前に揃えておくべき書類

個人事業主として自営業を営んでいる場合、ビジネスローンの借入融資前にいくつか書類を揃えておかなければなりません。

 

揃えておくべき書類はビジネスローンによって異なりますが、基本的には個人事業主が本人であることを証明するための書類や確定申告書を用意しておけば良いでしょう。

 

ただし、その他に揃えておかなければならない書類がある場合もありますので、ビジネスローンの公式ホームページで確認しておいたほうが良いでしょう。

 

また、契約時には別途費用として印紙代が必要です。

個人事業主におけるビジネスローンの審査条件

自営業を営んでいる個人事業主がビジネスローンの審査をクリアするためには、まずは年齢制限をクリアしている必要があります。

 

年齢制限についてはビジネスローンによって異なりますが、基本的には満20歳から満69歳までであれば審査に申し込みすることが可能です。

 

また、安定して収益を出しているということもビジネスローンの審査条件のひとつとなるでしょう。

 

なお、収益の確認については確定申告書でチェックされることとなります。


関連ページ

自営業がローンで借入・融資してもらう方法
自営業がローンを利用して借入融資する場合、最もおすすめなのはビジネスローンです。その他、カードローンやクレジットカードなどもありますが、最も向いているのはビジネスローンでしょう。
個人事業主はブラック企業からお金を借りないほうが良い!
自営業向けにビジネスローンを販売しているブラック企業もありますが、ブラック企業から借入融資することはリスクが大きいため、避けるべきでしょう。
自営業として起業するなら借入融資を利用しよう
自営業として起業するのであれば、ビジネスローンの借入融資の利用をおすすめします。起業には多くの資金が必要です。